2013年分の看護師の標準年

2013年分の看護師の標準年収は、472万円とのこと。仕事のある女性全体の年収の標準額は、200~300万円ということなので、看護師に関する給料は、非常に高額なレベルに達していることになります。看護師求人サイトの場合、通常非公開求人も持っているのです。だから一般的な公開求人のみで転職してしまわず、なるべく利用登録が完了した後で連絡を入れてみることが大切です。肉体的にもかなり疲れるし、失敗が許されない業務なのに、普通の男性会社員と比較してみても給料が安いので、労働条件から見て満足できる給料とは違うなんて思っている看護師さんは相当いることだと思います。

特徴的なのは20歳以上30歳未満の女性看護師だけに絞り込むと、驚くことに55%の人が転職サイトに登録・紹介を受けて転職先に雇用されることになっていて、職業安定所(ハローワーク)や求人先に直接応募したものなんかより、ずっと多いわけです。看護師についての平均年収第一位は、50~54歳で約550万円となっています。女性の職業全体を見ると、60歳という定年以降で年収が約300万円に落ち込むのと違って、看護師の年収は、400万円ほどという結果になっています。定年の年齢が来るまでずっと離職をしない方は少数派で、看護師の勤続年数の平均は大体6年です。離職率が非常に高い職種なのです。月ごとの給料や年収の額は高いのです。医療施設以外にも、エリアを活躍の場としている看護師も増えてきました。看護師自ら利用者本人の家庭に行き必要な看護業務を行うのが、最近話題の「訪問看護」。